FC2ブログ

The Diary of Well Arrow

2018年までのWell Arrowの日々

同棲していたヒロシヘ・・・

先日の日記で先生用はんこを作って
友人に送る~~と言っていたのですが。

送る相手は、ヒロシです。
ヒロシという名の女の子です。

大学生になりたての頃、家を
三万円
という破格の値段でお借りしていた私は
ある女の子と同棲という形になる、
と引っ越した日に大家さんから聞かされて

高校が寮生活だったこともあって、


やっと一人暮らしできると思ったのにぃ~´Д`);´



と思ったものでした。


彼女と初めて会ったとき


彼女「あ、どうも。○○ヒロシです。」
私「・・・・・・・・・・・・えっと・・女の子・・・?」

彼女「女なのに、母が間違って、ヒロシってつけました」
私「あ、、、そうなんだぁ・・・(p・Д・;)(残念すぎるわ・・・)」

彼女「でも、漢字は一応ヒロコとも読めます。」
私「あ、そうなんだ、そしたらひろちゃんって呼ぶわー」

両者「・・・・・・・・・・・・・」


彼女「嘘です。ごめんなさい」


「なんでそんなウソつくん!!!!(゚ロ゚ノ)ノ 」


とまぁ、そんな感じで出会ったのです。
私は、その時、スカートを作っていたのです。今でも、鮮明に覚えているヒロシちゃんとの出会い。


その後、約半年一緒に暮らしましたが、最初のうちはギクシャクしたものの
ピロちゃんがごはんに誘ってくれたりして
二人の共同の部屋を酔っ払って散らかしまくった挙句、寝てしまったのに
大家さんが庭に行くからと入ってきてしまい、

ドン引きされたこともありました。


その後、「大家さんに我慢できんっ!」と出て行ってしまったヒロシちゃん。
たぶん、私の生活のリズムが乱れすぎていたとか
オイラが勝手に棚を片付けたとか
たぶん、オイラも引っ越しの一因だったんだろうなぁ、と今でも反省しております。


そんな彼女のお祝い事を知らせてもらったので、
何か贈り物したいなぁって思って。




前置きが長くなっちゃった。


先生をしているから、先生はんこを贈ろうと思ったのです。
先日の日記でUPしたものも
前々から作りたいと思っていたものの
きっかけを与えてくれたのは、ヒロちゃんからの連絡だったのです。



いろんなデザイン考えた中で
こんな感じで消しゴムはんこ10個セットで作ってみました。





できたら、大満足o(^-^)o
彼にも見せて

「いいねぇ~、しばらく置いておきたいねぇー」
と気持ちを代弁してくれるコメント

今はまだ手元にあるんだけど、作業の途中とかに見てニマニマ(o´ω`o)


ぐふふ・・・。週末に発送する予定*・゜・.。.*

喜んでくれるといいなぁ~^^
  1. 2008/11/28(金) 10:11:01|
  2. 消しゴムはんこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ